ガン保険で節税出来るの?



税金と退職金と保険の関係
個人であっても、会社であっても、
もしもの時・万一の事態が起きてしまった時の為に
備えておかなければならないのが、お金です。

生活するにしても、会社を運営するにしても…
何をするにしても全ての基本になるのはやはり、お金ですよね。

会社の運営には様々な種類の税金がかかってきます。
法人税や法人住民税、法人事業税、固定資産税、自動車税、
印紙税、登録免許税、事業所税……
法人税の場合には所得の内、30%もの額が税金として消えてしまいます。


税金の他にも、ほとんどの会社には退職金制度が設けられているので
退職者が出た場合に大きなお金が出ていくことになります。
退職金を支払うための財源の確保も、重要になってきます。

これらの税金と退職金の2点をカバーする方法があります。
それが、保険を使う方法です。

保険に加入していれば、保険料は会社の必要経費として計算できるため、
所得(売上金額−必要経費)額が下がり、課せられる税額も減って節税できます。

もちろんそれだけでは利益が低くなってしまうだけで
ただ単にお金を使ってしまっているだけです。
しかし!その保険内容によっては退職金を支払う際の
資金の足しにできることがあります。

保険で節税する方法や、退職金対策をする方法を
書いていきます。





最新情報
2012.04.192012年税制改正
2012.04.19選ぶべき保険
2012.04.19どの保険でも良い訳ではない
2012.03.05役員退職金対策も保険で
2012.03.05保険で節税!
2012.03.05退職金に関するトラブル
2012.03.05会社にかかる税金
2012.03.05将来のための保障
contents
将来のための保障
会社にかかる税金
退職金に関するトラブル
保険で節税!
どの保険でも良い訳じゃない
選ぶべき保険
2012年税制改正
役員退職金対策も保険で


Copyright(C) ガン保険で節税出来るの? All rights reserved.